クラスTシャツの成功例について

学級で使うクラスTシャツは長持ちするかどうかが勝負です。そのため布地選びが重要になってきます。そこで布地選びの時はよく布地の品質を確認する必要があります。布地によっては使い方次第で簡単に伸びてしまったり、穴が開いてしまったりするので注意が必要です。クラスTシャツは、激しい動きでも痛まない、丈夫なストレッチの効いた布地を使って作るのがおすすめです。たくさん汗をかくことが予想されるクラスのおそろいのTシャツでは、学級行事の時に大活躍する優れものです。何回洗濯しても痛まない綿素材の生地は、一見良さそうですが、水を吸いやすくてなかなか乾きません。そこで、ドライ機能のあるTシャツがすぐに乾いてくれて大変便利でおすすめです。ドライ機能のあるTシャツは、傷みにくくてシワになりにくいので、とても使いやすいです。

ドライ機能のついたクラスTシャツの布地ってどんな布なの?

ドライ機能のついたクラスTシャツ用の布地というのは、吸水速乾性のある布地のことです。汗などの水分をすばやく吸い取り、すばやく乾かす機能のついた布地のことです。速乾性のある素材で、合成繊維や吸水性のついた天然繊維を使っています。綿やポリエステル、ナイロンなどを表と裏に使って組み合わせ質を上げたりして作られています。体を動かすと出てくる汗は、服についたまましておくと、体の体温を下げ、体調不良や風邪を引き起こしてしまいます。さらに、濡れた洋服を着たままにしていると不快で、運動にも悪影響を与えてしまいます。その点ドライ機能のついたTシャツは、汗をたくさんかいても、いつでもサラサラな肌ざわりのいい着心地でおすすめです。大げさかもしれませんが、ドライ機能のついたTシャツは、本当に運動に適していておすすめです。

UVカットの布地でクラスTシャツを作るのもおすすめです

活動中には、汗だけでなく紫外線も気になります。実は、日焼けを気にしない人も、紫外線を浴びることについて気をつけた方がいいです。なぜなら、紫外線は肌に大きなダメージを与えるからです。単に日焼けするだけではなくシミやシワ、たるみの原因にもなり、ひどくなると火ぶくれなどのようなひどい炎症を起こすこともあります。UVカット機能のついたクラスTシャツは、高い紫外線遮蔽率をもっています。紫外線遮蔽率は紫外線防止指数で表します。値はUPFなどの数値で表し、数値が大きい程紫外線をカットしてくれる効果が大きいのでUPF値を見てTシャツを選ぶことをおすすめします。UVカットの効果は生地の素材や編み方、布地の色や厚さなどでも変わってきます。ポリエステルや密度の濃い編み方、または濃い色や厚手の布地が紫外線を通しにくいのでおすすめです。