クラスTシャツを作る上での失敗しないポイント

学校行事では運動会や部活動など、みんなが一体となって活動することがたくさんあります。そんな時に盛り上げてくれるのがお揃いのクラスTシャツです。運動会などの応援には派手なデザインで、グループ競技などではシンプルな文字のみの構成など自分に合ったものが作れるのが魅力です。クラスTシャツひとつとっても、生地、形があります。服の上に重ね着する場合と、Tシャツのみ着る場合では生地の厚さが関係してきますし、使用目的によっても変わってきます。また、デザインを考える際も前述のように派手なものか、シンプルなものか変わってきます。TPOをよく考えて作るようにしましょう。あとは、製作費用、納期をしっかりチェックし、製作業者との打ち合わせを緊密にしてイベントまでに間に合うよう手配しておきます。

クラスTシャツ製作時の色の選択と、デザインの製作。

運動会、部活動などのイベントで着るクラスTシャツです。デザインするにあたり、格好の良いものにしようとつい気合が入ってしまいがちですが、デザインには決まり事があります。まずは、同系色を避けるということです。黒色のTシャツに灰色の文字では、せっかくの文字がTシャツの黒に溶け込んでしまいます。Tシャツの色が決まったら、プリントするデザインの色はTシャツと反対の色を選びましょう。また、クラスTシャツは着る場面によってデザイン要素が変わってきます。運動会などのみんなで盛り上がるシーンではイラスト入りの派手目なデザインが、対して部活動など真剣なシーンでは文字のみのシンプルなデザインが良いでしょう。イラストでプリントする場合は、あまり細かいデザインは避けた方が良いです。遠くから見た時につぶれてしまいます。

クラスTシャツの仕上がりと納期の確認はしっかりと。

クラスTシャツを業者に依頼する場合は、製作費、割引の有無、納期までの日数などよく考慮し、自分のニーズに合った業者を選びましょう。インターネットで業者に依頼される方が多いと思います。クラスTシャツを扱っている業者はたくさんありますので、複数の業者を比較してみるのがベストです。業者が決まり製作を依頼したら、納期の確認を必ず行います。せっかくみんなで決めたデザインのクラスTシャツがイベントに間に合わないというようなことにならないようにしましょう。納品までは業者の連絡を緊密にしておきます。クラスTシャツの試作ができ写真が業者から送られて来たら、必ず個人名や学校名などに誤字はないか、Tシャツの色、製作枚数に間違いがないかなど入念にチェックします。届いたクラスTシャツに後悔の無いよう最善の注意をしましょう。